「ほっ」と。キャンペーン
c0217810_23574325.jpg


繰り返し登場することになる「아가씨」
どう翻訳すればよいだろう?
「お嬢さん」なのか「お嬢様」なのか・・・
正式な字幕がどうなるか分からないが、執事目線で仕えるわけなので
「お嬢様」の方がふさわしいような気がする。

そして「집사 執事」については
ネイバー辞書を引いてみた。
後からもドンチャンの履歴書やオバサンの「休みの日には執事もして!」という台詞からもわかるように、
ドンチャンのしていた仕事の一つが「執事」とある。
でもこれはいわゆるご主人様に仕える執事ではなくて、

<1> [명사名詞] プロテスタント教で礼拝の補助や会計管理などを行おこなう信徒の職名のひとつ。
とある。

ドンチャンの登場シーンをみてみると・・・
[PR]
年齢が完全にバレるけど、
大島弓子という漫画家が私の思春期の神様だったから、
そこから多く影響を受けて、今の自分がいるのだと
最近良く思う・・・

そして実は初めて読んだ時は、
彼女の代表作とはいえ、あまり思いいれることが出来なかった
この「F式蘭丸(フロイトしきらんまる)」が今になって
繰り返しフィードバックしてくるのだ・・・

c0217810_18281374.jpg


ちょっと掘り下げてみると・・・
[PR]
by romance2009 | 2009-10-12 19:02 | ひとりごと
c0217810_17171782.jpg


ロマンチックなお話が好きだ。

社長と従業員。
財閥2世と庶民。
トップスターと大学講師。
お嬢様と執事。

繰り返して作られる、あまりにもベタな、
あまりにも普遍的なドラマたち・・・
そんなドラマがあまりにも好きだ。

自分勝手にテキトーなレビューを載せてみようと思います。

きままに、楽しく語りましょう~!!
[PR]
by romance2009 | 2009-10-12 17:23 | Introduction